ユースパル利用者100万人突破


 青少年交流センターは、平成11年4月の開所以来、県民の皆様からセカンドスクール的利用や青少年及び企業の研修、サークル活動などに広く利用され、このたび、平成22年7月13日をもって100万人を超える利用者数となりました。ご利用ありがとうございました。
 今後も、各学校においては、宿泊体験や勉強合宿、部活動等に、また、青少年団体においては、研修や交流活動等に、さらには県民の皆様の生涯学習の場として一層のご利用をお願いいたします。




豊成中学校藤澤君と安藤所長
 セレモニーでは、安藤所長と100万人目の利用者となった大仙市立豊成中学校2年藤澤奎佑君が100万人達成記念の看板の除幕を行い、その後、所長から記念証、秋田県青年会館理事長から花束が手渡されました。また、夕食時には、レストランユースパルから記念のデザートが提供されました。
 藤澤君は「ユースパルの回転扉を入ったら利用100万人目ですと言われ、はじめ何のことかよくわからなかったが、くわしく聞いてびっくりしました。多くの人が利用してきたと思いますが、記念すべき100万人目になってよかったです。」と感想を述べていました。